江南市で探偵へパートナーの不倫の相談を行い実態調査を依頼して報告してくれます

MENU

江南市で探偵が不倫相談で調査の開始する準備と報告

不倫の調査を探偵事務所に無料相談を頼み、調べた内容を伝えてかかった費用を出して頂きます。

 

調査方法、調査内容、査定金額に許諾できましたら契約を実際に交わすことが出来ます。

 

実際に契約を結びましてリサーチが進めさせていただきます。

 

不倫の調査は、2人1組で通常進める場合がございます。

 

ただし、望みに報いて人の数を適応させていただくことは問題ありません。

 

探偵事務所での不倫に関する調査では、リサーチの間に報告がまいります。

 

のでリサーチは状況を把握することが不可能ではないので、常に安心していただけると思います。

 

 

探偵事務所での調査のご契約では日数が決められていますので、決められた日数のリサーチが完了しまして、全調査内容とすべての結果内容を合わせました依頼調査報告書をもらえます。

 

不倫調査報告書には、細かく調査の内容についてレポートされ、不倫調査中に撮影された写真等も一緒に入っています。

 

不倫調査での後、訴訟を生じるような場合には、この不倫調査結果報告書の調査した内容、写真などは重要な裏付となるでしょう。

 

不倫調査を探偵の事務所へ求める目当てとしては、この重要な不倫現場証拠を掴むことがあります。

 

仮に、調査結果報告書で内容で納得いかない時は、続けて調査しお願いすることも自由です。

 

結果報告書にご満足してご契約が終わった場合、それによりこの度の不倫調査はおしまいとなり、大切な不倫調査に関する記録も探偵の事務所が責任を持って処分いたします。

江南市で不倫調査は探偵事務所が言い逃れできない証拠を裁判に提出してくれます

不倫調査といえば、探偵が思い浮かびます。

 

「探偵」というものは、人からの依頼を受けて、周辺の聞き込み、尾行や、見張りなどのいろいろな方法を使って、目標人物の住所や行動の確かな情報をピックアップすることが業務です。

 

当探偵事務所の依頼は色々ありますが、多いのは不倫の調査であります。

 

不倫調査は特に多いのですね。

 

機密性が重要とされる探偵の業務は不倫の調査にバッチリといえますでしょうね。

 

当探偵事務所に不倫調査依頼をしたら、その道のプロならではの経験やノウハウを駆使し、ご依頼者様が求めるデータを寄せ集めてレポートしてもらえます。

 

不倫の調査のような仕事は、前まで興信所に調査依頼するのが決まりでしたが、前と違って結婚する相手の身辺調査や、会社の雇用調査等が興信所にはほとんどで、一般的な探偵業のように裏で調査するのではなく、狙った人物に対し、依頼を受けて興信所から来た者であると説明します。

 

 

あと、興信所の調査員はさほど事細かく調べません。

 

周りへ様子を聞き込みするだけということもあるようです。

 

ここ最近の不倫の調査依頼は、ターゲットに気づかれないように、身辺を洗ってしてほしいことがほとんどなので、興信所より探偵の方がメリットはかなり大きいと思われます。

 

探偵に対する法は昔は特になかったのですが、問題が後を絶たなかったことから2007年6月に探偵業法が制定されました。

 

ですので、営業する日の前日までに届出が出されていなければ探偵の仕事ができないのです。

 

そのため健全である経営が遂行されていますので、お客様には安心して不倫調査をお願いできるようになっています。

 

不倫問題の可能性があった時はまずはじめは探偵に話をすることをおすすめしたいと思います。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

江南市で探偵スタッフに不倫を調べる依頼した時の費用はいかほど?

不倫の調査に必要なことは探偵への依頼することですが、手に入れるために証拠等を施術の結果が気に入らなかった場合に、有効度で、経費は高騰する傾向にあります。

 

とうぜん、依頼を頼む探偵事務所によって料金が変わりますので、たくさんの探偵事務所があればその事務所ごとに値段が変わるでしょう。

 

不倫リサーチの場合は、行動調査という調査する人1人毎一定の調査料がかかります。調査員が増えますとそのぶん調査料がばんばん高くなるのです。

 

行動調査には、尾行のみ、結果だけの簡単な調査のほかに、予備の調査、探偵に必要な特別機材、証拠のVTR、報告書による「基本調査」と二種類あります。

 

行動調査にかかる費用は、60分ずつを一つの単位と決めています。

 

定められた時間を超過して調査する場合には、延長するための代金が必要になるのです。

 

尚、調査員1名つき1時間ずつの別途、料金が必要です。

 

 

さらに、バイクや車を使った場合、料金が必要です。

 

日数×1台毎の料金で設定されています。

 

車両の種類や数によって必要な金額は変わってきます。

 

それに、交通費やガソリン代、駐車料金等調査にかかる諸経費も必要になってきます。

 

あと、現場状況によって変わりますが、特殊な機材などを使うこともあり、そのため別途、料金がかかってきます。

 

特殊な機材には、暗くても見えるカメラや偽装ビデオカメラ、小さいカメラ、集音機、監視用モニターなど様々な機材が使えます。

 

当方の探偵事務所ではこれらの特殊機材を使って非常に高い技術で問題解決へ導くことができるのです。